便利情報

 
調理説明
1
パスタをポットに入れるために割れなくてもいいです。そのままお湯の中で残して、下半部が柔らかくなったらパスタの上から手で押して全体をポットに入れることができます。
2
パスタを調理するときの大きな問題はお湯溢れです。バターをちょっぴり入れたり、植物油を小さじで何回か入れるなどでお湯溢れを防げて、パスタの色もきれいになります。
3
ソースはパスタと同時に作って、水を流してからすぐパスタにのせます。 パスタの調理が終わった後に作らないことで、時間の節約になります。
4
パスタソースを温める時に困難があるかもしれない。例えばポットの底のパスタがダメージを受けたり、ポットの底が冷たいのに上部分が熱かったりすることがあります。ポットをお湯が入ったままにして、ストーブの別ポットにお湯を入れるといいです。
5
パスタを茹でる時にいつも大きなポットとたくさんのお湯を使ってください。500gのパスタを5リッターの水で適切なポットで茹でてください。
6
パスタを割る必要がありません。そのままポットに入れてください。
7
パスタを茹で、お湯を流した後は、冷たい水をかけないでください。パスタのビタミンと味がなくなります。ソースをつけずにポットの中でパスタを待たす場合はちょっと油を入れても大丈夫です。
8
パスタをお湯に入れた後、一回木製のスプーンで混ぜてください。
9
調理時間はパッケージ上に書いてありますパスタの形によって時間が変わりいます。パスタをお湯に入れたらお湯が一旦澄みます。すんだお湯が再び沸騰し始めた時間から調理時間になります。パスタのできを分かるに一番有効な方法は味見することです。パッケージに書いてある調理時間が終わる3分,2分と1分前に一度味見してみてください。
10
パスタとの相性がいいので茹でる時にお湯に塩をかけてください。お湯だ沸騰したから塩を入れます。塩がお湯の中に溶けた後パスタを入れてください。塩が食べられない場合、代わりにレモン絞ってもいいです。
11
パスタの水気を切るために小穴のザルを使うといいです。大きな穴だと水がすぐに流れパスタがくっついたりします。ちょっとだけ湿気があるぐらいだとソースともよく絡みます。湯で終わった後すぐに水気を取ってください。お湯に入れたままたった時間は調理時間に加算されることになります。
12
パスタを茹でたお湯から1コップぐらい残すと便利です。パスタとソースの水気を調整することが可能になります。パスタのスターチがお湯に混ざっているので、真水を使うよりは美味しくなります。.
13
調理時間はパッケージ上に書いてありますパスタの形によって時間が変わりいます。パスタをお湯に入れたらお湯が一旦澄みます。すんだお湯が再び沸騰し始めた時間から調理時間になります。パスタのできを分かるに一番有効な方法は味見することです。パッケージに書いてある調理時間が終わる3分,2分と1分前に一度味見してみてください。
14
短期間でパスタ用のソースを作りたい場合広めのフライパンまたは小さめのポットを使ってください。じっくり時間を使って作る場合は深めで広めのソースパンやフライパンを使ってください。ポットが深いと蒸発が遅くなり、ソースがくっつくのを防げます。
15
水気を取ったあと、パスタがソースと十分絡めるような大きさの皿を準備してください。早ければ早い方がいいです。水気を取って直ぐにソースをつけてください。ザルの中で待たすとパスタがくっつきます。一本ずつのパスタがソースとよく絡み合うようにします。ソースの入れ過ぎには注意してください。
 
味のおすすめ
1
美味しさを増やすために水コップ半分牛乳を茹でる前の水に入れるといいです。
2
パスタの風味を濃くしたい場合油っこいソースよりも野菜、チーズ、オリーブ、ヨーグルトベースのソースを選んでください。
3
パスタのの風味を増やしたい場合お湯にオニオン、人参その他の野菜を二個ほど入れるといいです。野菜味がお好みではない場合は牛肉やチキンのブイヨンを入れても美味しくなります。
4
家庭にはパン用の小麦粉がない場合、代わりにセモリーナを使ってフライ魚やフライチキンが作れます。
5
セモリーナを使ってスープを濃くすることができます。赤ちゃん用のスープにもセモリーナを入れて新しい風味でのスープを作ることができます。
 
保存について
1
生のSelva パスタを容器に入れて冷蔵庫内で2〜3日保存できます。ソースをつけると保存可能な時間がもっと短くなります。ソースは食べる分のパスタだけにつけると残りのパスタの保存に便利です。
 
重要ポイント
1
パスタをソースと食べる場合、パスタの調理時間から1分を引いて計算してください。ソース温度もパスタに影響するからです。
2
沸騰してないままのお湯に塩を入れないでください。入れると沸騰に時間がかかります。沸騰したら塩をいれてもいいです。そのあとパスタを入れてください。
3
パスタを作るポットに蓋をしないでください。お湯が溢れることがあります。
4
パスタが出来上がりに近い時シンクの中でザルを用意してください。ポットのお湯をまずザルにかけて、ザルを温かくしてください。ザルに湿気があることも重要です。パスタが乾くのを防ぎます。